ホーム - ものづくりを支えるプロフェッショナル - 「行為のデザイン」を取り入れて開発した3D測定レーザー顕微鏡「LEXT OLS4000」 - 【第3回】

2009.10.01

「行為のデザイン」を取り入れて開発した3D測定レーザー顕微鏡「LEXT OLS4000」 【第3回】未来のレーザー顕微鏡はどう進化する?!〜デザイナーの視点から語る〜

「行為のデザイン」によって、ぐっとユーザーに近い存在となったレーザー顕微鏡「LEXT OLS4000」。では、これからのレーザー顕微鏡はどうなっていくのか。デザイナーならではの視点で語ってもらいました。

虫メガネみたいな顕微鏡に?!

ムラタ氏:
アイデアとしては、パーソナルな道具として顕微鏡をもうちょっと「虫メガネ化」できないかという話もワークショップで出ましたね。

虫メガネを持ってサンプルにかざし、かざした場所を見る、ということです。その場所がモニターに表示される、というような。直感的って、小学生がするような、そういう動作だよね、と。

伊勢氏:
理想的には、フィジカルな操作がどんどんなくなればいいのかな、という気がします。具体的には、やはりパソコンのモニターを見ながら操作することになるでしょうか。オートフォーカスの精度がすごく上がり、ボタンをポンと押すだけとか。

画像和田氏:
パソコンに喩えると、ボタンを押すとCDのトレイがすーっと出てくる感じ。サンプルを置くと、また顕微鏡にすーっと収まって、あとはパソコンで全部できる、というような。

柳瀬氏:
サンプルが手のひらに乗っているという感覚は、もしかしたら、あってもいいかもしれませんね。不思議ですね。道具はどんどん進化していくのに、逆に、アナログ感みたいなものがほしくなっていきます。

ムラタ氏:
やはり、よりシームレスになるんだろうな、と。極端にいうと、機器を感じさせないような機器になるのでしょう。例えば、「のぞく」という行為から「モニターで見る」に変わったことも、ある意味では、ふだんコンピューターを使っているのと変わらないような環境になった。シームレスになったわけです。

でも、逆にそれがよくないという話もある。「のぞきこんで見ている」という感覚も、少しはあった方が、直感的でよいという考えもあります。ですから、次の課題をあげるとすれば、いかにも中をのぞきこんでいるような直感的なインタフェース、と言えるかもしれません。つまり、虫メガネに通じるわけです。

レーザー顕微鏡は、もっとヒューマンな機器に

ムラタ氏:
トム・クルーズの「マイノリティ・リポート」という映画があります。アタマの中にある情報を、ガラスみたいなところに映し出す。それを手でひゅうっと動かす。

最近では、映画に出てくるような技術が、2年3年のうちに製品に落とし込まれるのが当たり前になってきています。だから、例えば私が「虫メガネのようなインタフェース」と言っていることも、10年20年も先の話じゃなくて、すぐそこ。2年3年くらい先の話だと思っています。

画像例えば、きれいな真っ白の、およそ研究室には見えない部屋。観葉植物があって、テーブルがあって、本がポンと置いてあって、お菓子が置いてある。でも、実際には、テーブルの下に何気なく置かれている小さな機器は、顕微鏡。サンプルが置かれていて、マウスも何もないところで、指でタッチしたりして解析している。こんな感じです。操作しながら、解析している、レポートも書いている、お菓子も食べている。
顕微鏡も、“機器を感じさせない”こんなヒューマンな道具になっていくのではと思います。我々は、いつもいろんなストレスの攻撃を受けている。働いている時間は一日の中で一番長いわけですから、その時間が気持ちよくなれば、暮らしやすくなるはずです。

画像顕微鏡を使って仕事をしている人は、1日のうち3時間、4時間、あるいはそれ以上を、その顕微鏡に割いている。振り返ってみると、「LEXT OLS4000」を使っている時間を、いかに心地よくしてあげるかということが、我々の一番のテーマだったのかなと思います。

株式会社ハーズ実験デザイン研究所

  • ムラタ・チアキ(代表取締役)

  • 柳瀬理恵子(取締役)

  • 伊勢 誠(チーフデザイナー)

  • 和田 真吾(デザイナー)

LEXT OLS4000グッドデザイン賞受賞のお知らせ

製品情報 3D測定レーザー顕微鏡 LEXT OLS4100お問い合わせ
1